天堂寨は大別山奥地の安徽省金寨県の南西部に位置し、国家森林公園、大別山国家地質公園主園区、国家AAAA級旅行景勝地、国家級自然保護区を一体にしています。天堂寨は古くから「多雲山」と言われ、景勝地の中は通年霧がかかるような雲は漂い、険しい峰が林立し、秀麗な滝が走っています。最高峰の標高は1729.13メートルで、大別山の主峰の一つで、古くから「呉楚東南第一関」と言われています。景勝地の中に大小様々な滝は108あり、うち落差が50メートル以上に達した滝は18あります。「山中の一晩の雨で、至る所に飛ぶ滝が走る」ことは、壮観そのものです。 峡谷内に、逞しい山、悠々と流れる溪水があります。森林のカバー率は96.5%で、天然の大規模酸素バーで、「華東最後の原始林」とまで讃えられています。天堂寨の麓にある南河村は、有名な長生きの村で、ここの網の目的ように張り巡らされている古い民居と素朴な原始的な民間風物詩は、名残り惜しく去り難いものがあります。
    天堂寨は旅行を展開して以来、「保護第一、秩序のある開発、原始を尊重し、自然をアピールする」ことを理念とし、徐々に山岳、滝、峡谷、人文等を一体にした原生態系旅行リゾート区に作り上げています。景勝地のロープ・ウェーは、3つの山と2つの渓谷を渡って、ロープ・ウェーに乗ると、空をかけることで、「俺が空中を走り、雲が身の回りを漂う」という仙界にいるような感覚をします。大別山国家地質公園博物館は、天堂寨景勝地内に散りばめられ、観光客が科学を勉強し知識をみにつけ、大自然の限りない魅力と不思議な地質景観を堪能することにもってこいの場所です。劉鄧大軍の千里躍進大別山前方指揮部は、劉鄧大軍が大別山を千里躍進する苦しい道のりと輝かしい歴史を再現し、観光客に今に鑑み昔を思い出させ、平和を愛させます。険しく刺激的な白馬峰桟道は万仞の上を張りだして、その上を登ると、山々を見下ろし、逞しい根性が生まれます。人間ロープ・ウェーを滑り、躍動のある飛び方をして、天人合一の快適さをご堪能いただけます。
    長年の建設管理を経て、天堂寨景勝地は都会の人々がレジャー、テーマ教育をするベストな地になっています。天堂寨景勝地も相前後して「全省の百社の誠実信用旅行企業」、「省級愛国主義教育基地」、省市県三級「青年文明号」、「正札で値段を示すモデル会社」、「南京市民最も愛する十大景勝地」、「文明風景旅行区構築先進会社」、「安徽最も美しい場所」の一つ、「安徽省旅行業界先進グループ」、初回「安徽省青年最も愛するA級旅行景勝地」、中国マイカー旅行目的地、省体育局による「安徽省アウトドアスポーツ訓練基地」、「安徽省ベストテン旅行景勝地」等の名誉称号を授けられました。2004年以来、天堂寨景勝地は累計して観光客をのべ200百万人を受け入れ、年間平均して20%の速度で成長し、累計して総合的な収入を億元近くを獲得しています。天堂寨景勝地の社会、生態、経済の相乗効果は日増しに現れています。